新エネルギーによる循環型地域形成
The Development of Sustainable Communities with Alternative Energy

研究概要/Abstract
北海道の地方小都市では、著しい人口減少により、地域産業の疲弊や住民生活の利便性低下といった課題が生じ、地域の自立が困難になっています。一方、これらの地域では、豊富な新エネルギー資源を有しており、多くの自治体で新エネルギーの活用が検討されています。
研究室では、これらの地域の自立に向け、新エネルギーの活用が、地域の都市基盤や産業、住民生活に対し多面的な効果を生み出す仕組みや、そのための都市空間像について研究しています。
In rural regions in Hokkaido, because of rapid depopulation, we have many problems in our lives, regional economic and industries.On,the other hand, in such regions, we have abundant alternative energy resources, so many local governments try to introduce alternative energy for the local industries and our lives.
Aiming at sustainable community , we research about the resources recycling regional system that can affect various fields such as community, life, economic, industry and environment and urban structures for realizing it.

スライド1.jpg

課題

スライド2.jpg

提案

対象敷地/Field
■北海道下川町、稚内市、夕張市、鹿追町、足寄町、ニセコ町、別海町、中標津町Shimokawa town, Wakkanai city, Yubari city, Shikaoi town, Ashoro town, Niseko town, Betsukai town, Nakashibetsu town
関連プロジェクト/Project
『次世代北方型居住空間モデル構想』Next-generation northern model of residence area model design
『北のすまいるタウン』Residence area In Hokkaido
その他/Others
■近年研究活動報告パネルPDF

集約型コンパクトシティの形成に向けた計画研究
Planning integrated Compact Cities

積雪寒冷都市の都市デザイン
Urban Design achieving to Winter Cities

地方都市における低層低容積再開発の空間像
Compact city with low-density redevelopment in the small local city

新エネルギーによる循環型地域形成
The Development of Sustainable Communities with Alternative Energy

公営住宅整備によるまちなか居住研究
Downtown Living Project on Public Housing Development

北方圏における建築都市デザイン
Architecture and Urban Design for the Northern Region