公営住宅整備によるまちなか居住研究
Downtown Living Project on Public HousingDevelopment

研究概要/Abstract
地方中小都市では集約型都市構造の実現に向けてまちなか居住事業が勧められています。特に北海道は公営住宅の住宅比率が全国でも非常に高いことから公営住宅によるまちなか居住事業が進められており、まちなかへの整備に伴う周辺地域の居住環境の向上が目指されていますが、その具体的な効果は明らかにされていません。
そこで本研究は、北海道における公営住宅のまちなかへの整備の事業評価を行い、その効果を明らかにし、その方法論を明らかにしたものです。
Downtown Living Project is being promoted toward compact city in local small and medium cities. In Hokkaido, the housing ratio of the public housing is very high, so Downtown Living Project on the public housing development is proceeding, and the aim is to improve the living environment accompanying the development of houses in the downtown. However the concrete effect has not been clarified.
Therefore, this research revealed the effect of Downtown Living Project on public housing development and its programs by evaluating the assesments of it in Hokkaido.

スライド1.jpg

課題

スライド2.jpg

提案

対象敷地/Field
■北海道釧路市「釧路市道営住宅であえーる幸団地」Deae-ru Siawi in Kushiro
■室蘭市「室蘭市道営住宅であえーる中島団地」Deae-ru Nakajima in Muroran
■深川市「深川市道営住宅であえーる北光中央団地」Deae-ru Hokkouchuo in Fukagawa
関連プロジェクト/Project
Comming Soon
研究論文/Thesis
学士・修士論文
『集約型都市構造に向けた公営住宅整備「であえーる事業」によるまちなか居住の定量評価ー北海道のまちなか居住研究 その2ー』◯中田華子、瀬戸口剛、伊藤拓海、石井旭、松村博文、宮内孝(2016年度 修士論文)
『集約型都市構造に向けた公営住宅整備「であえーる』事業によるまちなか居住の方法論と事業評価ー北海道のまちなか居住研究 その1ー』◯伊藤拓海、瀬戸口剛、中田華子、宮内孝、石井旭、松村博文(2016年度 学士論文)

集約型コンパクトシティの形成に向けた計画研究
Planning integrated Compact Cities

積雪寒冷都市の都市デザイン
Urban Design achieving to Winter Cities

地方都市における低層低容積再開発の空間像
Compact city with low-density redevelopment in the small local city

新エネルギーによる循環型地域形成
The Development of Sustainable Communities with Alternative Energy

公営住宅整備によるまちなか居住研究
Downtown Living Project on Public Housing Development

北方圏における建築都市デザイン
Architecture and Urban Design for the Northern Region