地方都市における低層低容積再開発の空間像
Compact city with low-density redevelopment in the small local city

研究概要/Abstruct
中心市街地の空洞化が進む地方都市では、コンパクトシティ形成のため、地域の核となる拠点の形成が求められています。しかし、自治体の財政難や床需要の低下を踏まえると、従来のような、高層高容積の建築による拠点の形成は、実現し難い状況です。そのため、低層で小規模な建築による地方都市にふさわしい中心市街地の目標像を構築する必要があります。
研究室では、①小規模投資、民間による自助更新が可能な木造建築による”木造コンパクトシティ”と、②低層低容積再開発の方法論とその目標像を研究しています。
In the small local cities, hollowing out of urban core areas is proceeding and, because of the compact city, redevelopment of urban core areas is required.However, high-density redevelopment projects for the compact city are difficult because of the financial difficulties and the low floor demands.Therefore, it is necessary to plan a target model of the urban core area suitable for small local city with low-density building.
On the premise of the above, our laboratory proposed the following two studies.
1.Planning ”Wooden Compact Cities” with low-density, small-investment, self-updating by the private sector.
2. Clarifying the Method of low-density redevelopment and Planning to the Redevelopment Models.

スライド1.jpg

課題

スライド2.jpg

提案

対象敷地/Field
■①:岩見沢市、恵庭市、釧路市Iwamizawa city, Eniwa city, Kushiro city
■②:北見市、釧路市、伊達市、名寄市、富良野市、稚内市Kitami city, Kushiro city, Date city, Nayoro city, Furano city, Wakkanai city
関連プロジェクト/Project
『北見市中心市街地まちづくり計画研究』Planning of urban core areas in Kitami city
研究論文/Thesis
学士・修士論文
『地方都市における低層低容積再開発の事業手法と方法論ー地方都市のまちなか再生研究 その8ー』◯山崎厚、瀬戸口剛(2016年度 修士論文)
『地方都市の拠点形成に寄与する低層低容積再開発の事業手法ー名寄市、富良野市、伊達市を事例としてー』◯久保山航希、瀬戸口剛(2015年度 修士論文)
『低層低容積再開発による中心市街地の空間再編および再生プログラムー北海道北見市の中心市街地を対象としてー』◯坂本昌士、瀬戸口剛、山崎厚(2014年度 修士論文)
『地方都市における中心市街地活性化に寄与するまちなか駐車場のあり方ー北見市中心市街地を事例としてー』◯小林美希、瀬戸口剛(2014年度 学士論文)
『地方都市に適した低層低容積再開発の方法論ー北海道富良野市・名寄市・伊達市における空間計画手法ー』◯山崎厚、瀬戸口剛、坂本昌士(2014年度 学士論文)
『北海道釧路市における公共施設集約によるコンパクトシティの拠点形成ー人口減少都市の集約化計画研究 その1ー』◯植地剛、瀬戸口剛(2013年度 修士論文)
『コンパクトシティに向けた鉄道駅の複合再開発による拠点施設整備ー稚内駅前市街地再開発事業を対象としてー』◯松田耕、瀬戸口剛(2012年度 修士論文)
『地方中核都市における木造建築の自律更新による木造コンパクトシティの形成ー北海道釧路市の中心市街地を事例としてー』◯坂本昌士、瀬戸口剛、松田耕(2012年度 学士論文)
『地方中核都市における木造コンパクトシティの空間モデルの構築ー北海道釧路市中心市街地における防災を考慮した空間モデルー』◯野村武志、瀬戸口剛、植地剛(2011年度 修士論文)
『地方中核都市における木造コンパクトシティの空間モデルの提案ー北海道釧路市中心市街地における空間モデルー』◯植地剛、瀬戸口剛、野村武志(2011年度 学士論文)
『循環型都市形成に向けた市街地における木造複合公共建築物の計画技術』◯石黒卓、瀬戸口剛(2010年度 修士論文)
『地方中規模都市における木造コンパクトシティの提案ー北海道恵庭市・岩見沢市中心市街地を対象としてー』◯松田耕、瀬戸口剛、石黒卓、千葉拓也、永谷里都実、高橋幸宏、一條泰教(2010年度 学士論文)

集約型コンパクトシティの形成に向けた計画研究
Planning integrated Compact Cities

積雪寒冷都市の都市デザイン
Urban Design achieving to Winter Cities

地方都市における低層低容積再開発の空間像
Compact city with low-density redevelopment in the small local city

新エネルギーによる循環型地域形成
The Development of Sustainable Communities with Alternative Energy

公営住宅整備によるまちなか居住研究
Downtown Living Project on Public Housing Development

北方圏における建築都市デザイン
Architecture and Urban Design for the Northern Region